2010年09月12日

ゲゲゲの女房・登場人物キャスト

倉田圭一(窪田正孝)・・第19週・第106回・8/6で大賞をとって漫画家になる
菅井伸(柄本佑)
小峰章(斉藤工)

豊川悟(眞島秀和)
◆編集者・北村(加治将樹)

船山信義(風間トオル)

深沢洋一(村上弘明)が元丸の内の商社のOLをしていたという美人秘書・加納郁子(桜田聖子)

ゲゲゲの女房・話題

. 松下奈緒 OFFICIAL Diary
向井理オフィシャルブログ「The Laboratory」 powered by Ameba

「ゲゲゲの女房」ヒロイン・松下奈緒が奏でる家族愛…インタビュー


貧乏でもほがらかに生きる夫婦の愛と成長の物語・・

2010年3月29日・朝8時〜NHK朝の連続テレビ小説ゲゲゲの女房

水木しげるの妻・武良布枝が夫婦の半生を綴った著作が原案

二人を取り巻く人々を涙あり笑いありで描く

NHK朝の連続テレビ小説ゲゲゲの女房

貧乏神

◆飯田家の三女・飯田布美枝(松下奈緒):おおらかでおっとりした正確だが、開き直ると覚悟が決まる。背が高すぎることがコンプレックス。歌と踊りが大好き・・

◆貸本漫画家・村井茂(向井理):紙芝居屋、貸本漫画家を経て漫画家として大成。硬派でマイペース

雄玄社の若手編集者・豊川(眞島秀和)・・・第15週・第85回・7/5〜

田中美智子(松坂慶子):こみち書房の店主、布美枝(松下奈緒)に親切に接してくれる・・・第14週まで・
田中きよ(佐々木すみ江)美智子(松坂慶子)の姑。口は悪いけど・・
◆口は悪いけど・・戦争でつらい体験をしてきた、マサシさん・・

◆漫画家志望の女の子、河合ハルコ(南明奈)
南明奈が朝ドラデビュー! 漫画家を目指していた意外な過去を告白〜第15週

◆小道書房の常連客で 茂(向井理)のファン・太一(鈴木裕樹)くん

茂(向井理)の幼馴染・浦木カツオ(杉浦太陽)・・・辻ちゃん妊娠! 杉浦太陽夫妻に来年1月、第2子誕生へ


◆間借りをしている売れない漫画家の中森(中村靖日)

◆水木しげるファンの売れない漫画家戌井(梶原善)・・第6週
◆戌井さんの奥さん・・早苗(馬淵英俚可)


杉浦音松(上條恒彦)さん・・・第7週「消えた紙芝居」

深沢洋一(村上弘明)・・第6週から・・:漫画出版社経営。金儲けよりも芸術性や面白さを重視し、漫画家の作家性をなによりも重視する。水木しげるをはじめとするあたらしい漫画家を次々と発掘し、漫画のあたらしい流れを作り出す。深沢がいなければ今の漫画文化はなかったといわれる人物。人物のモデルは長井勝一・・病気療養後、嵐星社を立ち上げ、第14週で雑誌ゼダを創刊

長井勝一(ながい かついち、1921年4月14日 - 1996年1月5日)・・青林堂(せいりんどう)創業者(初代社長、会長)、『月刊漫画ガロ』初代編集長。宮城県塩竈市出身。白土三平や水木しげるといった有名作家から、つげ義春や花輪和一といった異才を輩出していった『名物編集長』として知られている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

★★★

布美枝(松下奈緒)の友人・チヨコ(平岩紙)
◆父・飯田源兵衛(大杉蓮)・・10歳のときから源兵衛と名乗る
◆母・絹代(古手川祐子):おとなしくておだやかな性格
◆姉・ユキエ(星野真理)飯田布美枝(松下奈緒)の幸せをいつも願っている

◆村井茂(向井理)の父・修平(風間杜生):なんとかなる主義で生きている。郷里ではじめて東京の大学に進学したインテリだがひとつの仕事に定着せず、流れに任せた自由な生き方をしてきた。芝居好き。あだ名はイトツ(胃が突出して丈夫).
英語の塾を開いている。映画や芝居が大好きでかつては映画館を経営したいたこともある

◆村井茂(向井理)の母・絹代(竹下景子):名字帯刀を許された旧家の生まれ(すでに没落)。気丈でパワフルで積極的な女性。あだ名はイカル(よく怒る)

茂(向井理)の兄・村井雄一(大倉孝二)

ゲゲゲの女房・話題

★★★

NHK連続テレビ小説『ウェルかめ』(2009.9〜2010.3)
NHK連続テレビ小説『つばさ』(2009.4〜2009.9)
NHK連続テレビ小説「だんだん」(2008.10〜2009.3)
NHK連続テレビ小説「瞳」(2008年4月〜9月)
NHK連続テレビ小説「ちりとてちん」(2007年10月〜2008年3月)

★★★

. 連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」

ゲゲゲの女房 - Wikipedia

松下奈緒 NHK朝ドラ主演- 2010.03.28 10:00

. ゲゲゲの女房 - Wikipedia
. ドラマトピックスブログ:NHKブログ | 連続テレビ小説 | 連続テレビ ...

★★★

)瑛太が交際質問集中にKO寸前 助け舟出されず苦笑い

強気が売りのバブル女性も引き寄せた
矢田亜希子、4年ぶり公の場に無数のフラッシュ! 初刑事役「精一杯頑張った」

『龍馬伝』高杉晋作役は伊勢谷友介 ドラマ出演2作目で大河に抜擢
矢口真里「あげまん」伝説 新恋人は第二の小栗旬になる
東方神起・ジェジュンの本命は誰?

★★★テレビドラマ視聴率

長瀬智也×クドカン=うぬぼれ刑事
天海祐希、野島伸司氏と初タッグ…フジ系ドラマで熱血ママ役
女優・吉高由里子がドラマ『美丘』主演に戦々恐々「吉高由里子なんて誰もしらないですよっ」
東山紀之が天才医師役…TBS系連ドラで主役
綾瀬はるかがジャージー風ウエディングドレス…日テレ系「ホタルノヒカリ2」
観月、NHK初主演!19年連続連ドラ主演!
上地雄輔、熱血弁護士役で民放連ドラ初主演!!

福山龍馬、結婚語った「芝居の上でもうれしい」
福山龍馬も見たいぜよ!真木お龍に全裸入浴ある?
加藤紀子、ブログで離婚発表…子作りで意見の相違


2010年07月18日

豊川悟(眞島秀和)&北村(加治将樹)&加納郁子(桜田聖子)&船山信義(風間トオル)

貧乏でもほがらかに生きる夫婦の愛と成長の物語・・

2010年3月29日・朝8時〜NHK朝の連続テレビ小説ゲゲゲの女房

水木しげるの妻・武良布枝が夫婦の半生を綴った著作が原案

二人を取り巻く人々を涙あり笑いありで描く

NHK朝の連続テレビ小説ゲゲゲの女房第17週「プロダクション旗揚げ」(7/19〜7/24)

豊川悟(眞島秀和):雄玄社・週刊少年ランドの編集長。第15週から

眞島秀和(ましまひでかず、1976年11月13日 - )

山形県米沢市出身、身長180cm。体重61kg。血液型O型。特技はバスケットボール、スキー、麻雀。山形県立米沢興譲館高等学校を経て大学中退後、映画『青 chong』でデビュー
眞島秀和 - Wikipedia

北村(加治将樹):「雄玄社」社員。「週刊少年ランド」の若手編集者であり、水木しげるの担当となる・・第17週から

加治将樹(かじ まさき、1988年1月29日 - )は日本の俳優。東京都出身。ワタナベエンターテインメント所属の役者集団D-BOYSのメンバーである。血液型はA型。水瓶座。身長176cm、体重80kg、靴28.0cm

趣味は、ピアノ・体を動かすこと。
特技は、スポーツ・声楽・ピアノ。
『ミュージカル テニスの王子様』が本格的なデビューとなった。
D-BOYS内では、ムードメーカー的な存在

加治将樹 - Wikipedia

加納郁子(桜田聖子):商事会社を辞め、深沢の設立した「嵐星社」に秘書兼編集助手として参加する有能な女性。(第13週〜

桜田聖子(さくらだせいこ、1978年1月8日 - )は、岐阜県出身の女優。所属事務所はホリプロ。1998年度東京きものの女王

1996年9月23日に上京。女優としてサラリーマン金太郎などのテレビドラマや舞台を中心に活動。
2007年9月スタートのTBS愛の劇場「家に五女あり」で次女二美子役でレギュラー出演。趣味は料理と乗馬。
2008年は舞台3作品「冬の鼠」「CONSOLE」シアターアプルファイナルアクト「火男の火」に客演したほか、SONYハンディカムのCM、日本テレビの連続ドラマ「夢をかなえるゾウ」に出演
桜田聖子 - Wikipedia

◆城西映画テレビ部・プロデューサー・船山信義(風間トオル)・・サングラスがトレードマーク、第17週〜

風間トオル(かざま とおる、1962年8月19日 - )は日本の俳優

東京デザイン専門学校卒
「メンズノンノ」で阿部寛とともにノンノ・ボーイフレンドに選ばれる、その後「チェックメイト」等の雑誌モデルを経て、1989年、フジテレビ系列のドラマ『ハートに火をつけて!』で役者デビュー。

私生活では過去に結婚したが、離婚している

サーフィンが趣味で、中学生の頃からショートボードを続けている。
(2010年現在)9年前から愛犬を飼っており、仕事現場に連れてくる事も多い。ゴールデンレトリバーで名前はロコ助六銀之助(通称ロコ)。当時の自身の役名と、愛犬に付けたい名前を全て集約したとのこと。(ロコとはローカル・サーファーの略)
長く渋谷区に住んでいたが、愛犬の事も考え、湘南に移り住んだ。自宅に露天風呂を作ったが、隣のマンションから丸見えになってしまった。
料理が得意で、特にカレーを作る際は「少量だけ作っても美味しくない」という理由から、大量に作り、近くに住む友人などを招き、カレーパーティをしている。
コーヒーが好きで愛飲している

環境問題に関心があり、海岸を散歩する時は、積極的にゴミを拾うようにしている。他にも収録現場には、マイボトルを持参し紙コップは使わないようにしたり、上記の料理の際には、野菜の皮や芯も使い、極力ゴミを減らすようにする等の工夫をしている

端正なルックスや、シリアスからコミカルまで幅広い演技をこなす実力派俳優の顔とは裏腹に、天然ボケな一面があり、バラエティ番組やトーク番組で垣間見る事が出来る。
海外ロケでチベットの山奥に行った際に、夜にテントの周りを狼が徘徊していたのに気付いたがいつの間にか寝てしまった等、危険な状況下でも、何故かすぐに寝る事が出来る。
また非常に危険な状況下でも、不思議と怪我ひとつしなかったなど不思議な経験を持つ。オーラの泉に出演した際は、前世は陰陽師で、その影響で現世でも無意識に念力を使う事が出来、それにより、自身を守っており、また自然霊を守護に持ち世俗的な感情を持たずスナフキンの様な内面であると言われた。

風間トオル - Wikipedia

★★★

向井理、「ゲゲゲ」新展開に「苦労が実を結ぶ瞬間は感動モノ」!
'11年大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」の男性新キャストが決定!! 向井理が徳川家の三男役に!
★★★

ゲゲゲの女房・第16週「来るべきときが来た」7/12〜7/17
ゲゲゲの女房・第16週「来るべきときが来た」(7/12〜7/17)

◆◆◆

ゲゲゲの女房・第15週「チャンス到来」(7/5〜7/10)
ゲゲゲの女房・第14週「旅立ちの青い空」

第13週「初めての里帰り」(6/21〜6/25)
ゲゲゲの女房・第13週「初めての里帰り」6/21〜6/26

ゲゲゲの女房・キャスト登場人物
ゲゲゲの女房・話題
ゲゲゲの女房
ゲゲゲの女房・第1週から第12週

★★★

NHK連続テレビ小説『ウェルかめ』(2009.9〜2010.3)
NHK連続テレビ小説『つばさ』(2009.4〜2009.9)
NHK連続テレビ小説「だんだん」(2008.10〜2009.3)
NHK連続テレビ小説「瞳」(2008年4月〜9月)
NHK連続テレビ小説「ちりとてちん」(2007年10月〜2008年3月)

NHK大河ドラマ『龍馬伝』

★★★

. 連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」

ゲゲゲの女房 - Wikipedia

松下奈緒 NHK朝ドラ主演- 2010.03.28 10:00

. ゲゲゲの女房 - Wikipedia
. ドラマトピックスブログ:NHKブログ | 連続テレビ小説 | 連続テレビ ...

. 松下奈緒 OFFICIAL Diary
向井理オフィシャルブログ「The Laboratory」 powered by Ameba

★★★

てっぱん

遠藤憲一は剛柔自在!コワモテ悪役、朝ドラ父親役…なんでもござれで引っ張りだこ
安田成美、16年ぶりNHK連ドラ
“朝ドラ”「てっぱん」の祖母役・富司純子はヒロインの瀧本美織にぞっこん!?
NHK今秋朝ドラ『てっぱん』ヒロインに18歳の女優・瀧本美織
NHK朝ドラ 今秋からはお好み焼き屋が舞台の『てっぱん』に決定 舞台は大阪・広島・尾道

★★★

2010年04月24日

茂(向井理)の幼馴染・浦木(杉浦太陽)

貧乏でもほがらかに生きる夫婦の愛と成長の物語・・

2010年3月29日・朝8時〜NHK朝の連続テレビ小説ゲゲゲの女房

水木しげるの妻・武良布枝が夫婦の半生を綴った著作が原案

二人を取り巻く人々を涙あり笑いありで描く

NHK朝の連続テレビ小説ゲゲゲの女房

浦木杉浦太陽):
茂(向井理)の幼馴染。いつも抜け目なく立ち回っては金儲けをしようとたくらんでいる。茂(向井理)にも怪しげな話しをもちかけては何かと騒動にまきこみ、挙句、姿をくらましてしまう。モデルは「ねずみ男」


杉浦太陽(すぎうら たいよう、1981年3月10日 - )は、岡山県玉野市出生、大阪府寝屋川市出身の俳優、タレントである。本名は、表記は芸名と同じ杉浦太陽であるが、読みは「すぎうら たかやす」である。デビュー当時は読みも本名そのままで芸能活動していたが、読みづらさを指摘されていたことから、後述の逮捕事件の後に芸名としては読みを「たかやす」から「たいよう」に変更した。寝屋川市立第八中学校[1]、大阪産業大学附属高等学校卒業。父は元南海ホークス投手(一軍出場せずに引退)の杉浦三六(すぎうら さんろく、1954年 - )。実弟はミュージシャン兼俳優の杉浦太雄。妻は歌手、タレントの辻希美。スカイコーポレーション所属

1998年 - テレビ朝日系ドラマ『おそるべしっっ!!!音無可憐さん』でデビュー。
2001年 - 毎日放送系ドラマ『ウルトラマンコスモス』で主演。
2002年 - 逮捕事件で「たいよう」と改名。杉浦太雄と兄弟で「Ex.Bold(エクスボールド )」を結成し、音楽活動を開始した(05年に活動停止)。主演映画『ウルトラマンコスモス2 THE BLUE PLANET』公開。
2003年 - 主演映画『ウルトラマンコスモスVSウルトラマンジャスティス THE FINAL BATTLE』公開。
2007年6月21日 - 辻希美とできちゃった結婚。現役アイドルとの結婚として注目を集めた。
2007年11月26日 - 長女が誕生。
2009年12月12日公開の『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』で7年ぶりに春野ムサシを演じる。(「コスモス」本篇のムサシとは別人で「ウルトマンコスモス」には変身しなかった。本人によるとつるの剛が映画に出演したので、自身も出演したいと電話をかけ、撮影も残り2週間という所に急きょ出演することになったとのことである。)

『ウルトラマンコスモス』放送期間中の2002年6月14日、寝屋川市に在住していた時代の2000年10月に実弟の友人(大阪府警察守口署管内の守口市在住)への全治3週間の傷害を負わせて45万円を脅し取ったという恐喝容疑で逮捕された。その後、守口署が容疑者当人の事情聴取をしていないこと、事件があったとされる10月に杉浦のアリバイがあったことが判明。さらに傷害は杉浦とは別人の不良グループから受けたものであること、恐喝された金銭は実は杉浦家から盗んだものだったとする陳述書を被害者が大阪地方検察庁に提出した。これを受けて大阪地検は、傷害容疑については嫌疑なしで不起訴、恐喝容疑については被害者が処分を望んでいないとして起訴猶予となり事態は法的に決着した。なお、2000年12月上旬の暴行についてzakzakは「同年12月の暴行は認めたが、けがは『鼻血程度』だったという」「弟の友人は、けがが別グループによるもの」としていると伝えている。 所属事務所は国家賠償請求含め検討することを表現するなどして大阪府警守口署を批判した [2][3][4]。

この誤認事件の影響で『ウルトラマンコスモス』の放送が一時休止となり、結果として5話分がテレビ未放送で終わった。未放映作品は『ウルトラマンコスモス スペシャルセレクション』に収録された(『ウルトラマンコスモス』主演俳優逮捕とその影響)。

身長は177センチで足のサイズは27.5センチある。
趣味は釣り、ゴルフなど。資格は高校時代に危険物取扱者、情報技術検定2級、特殊小型船舶操縦士2級、スキューバダイビングを取得している。
マリンスポーツが得意であり、ウォーターボーイズ出演をきっかけにシンクロナイズドスイミングも得意になったという。
好きな曲、カラオケで歌う曲はMr.childrenの「星になれたら」。
酒好きである(好きな酒の種類はビール、特にヱビスビールが好き)。最近は結婚したため、家で飲むことが多くなった。
そのためか近年は酒に弱くなり、飲酒後風呂に入ってそのまま寝込むこともあり、妻の希美や弟の太雄によって救出されることもあった。
鍋に入ったままの熱々の味噌汁を飲むのが好き[5]。
塩やトマトケチャップが好きで、塩を大量に料理にかけて食べていたため、18歳のころ腎臓結石を患ったことがある[6]。
憧れの男性芸能人は岩城滉一、憧れの女性芸能人は北斗晶、憧れの理想の夫婦は江口洋介、森高千里夫妻である。
和泉元彌、マギー審司、つるの剛士、梅田直樹、金子貴俊はパパ友達、魚谷輝明は親友、misonoは夫婦共通の友達である。特につるの剛士とはウルトラマンにおいて先輩、後輩にあたる上、共通の趣味(釣り)も持つ。2009年の「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」でウルトラマン同士としてでははないが競演している。
ウルトラマンコスモスで主演していた一方、ドラマの主演は少なく、映画での主演が多い。バラエティにも多く出演する。
女装が非常によく似合う。過去に『お試しかっ!』(テレビ朝日系)の企画「Aniコレ」で第1回〜第3回まで3連覇を達成し「殿堂入り」を果たしている。2009年3月には「Aniコレ」企画の一環として東京ガールズコレクション2009に出演し友人であり同じパパ仲間の金子貴俊と対決したが、得票率83%を獲得して圧倒的大差で金子を下し、殿堂入りの貫禄を見せ付けた。ちなみに女装の際の仕草は、妻・希美のものを「私生活を見てパクりました(笑)」とのこと[7]。
妻・希美、娘・希空との幸せそうな生活ぶりはブログにもよく書かれており、2009年度女子中高生の選ぶ『理想の有名人夫婦』(ピーネストリサーチ調べ)では堂々の1位をとった[8]
2009年12月5日放送の、『めちゃ²イケてるッ!』では『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』のオーデションでは審査員を担当。途中で仕事のためいなくなるが、レッドキングの暴走やゼットンの不正行為に怒り「静かにしないと(光線)をうつで」とムサシが絶対言わないような事を言い出した。

杉浦太陽 - Wikipedia

太陽のメッサ食べ太陽

辻希美が女児出産…父・太陽は出産立ち会う


NHK朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』第4週「さよなら故郷」
NHK朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』第4週「さよなら故郷」

ゲゲゲの女房・話題
ゲゲゲの女房・キャスト登場人物

NHK朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』第3週「たった五日で花嫁に
NHK朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』第2週「ご縁の糸」(4/5〜4/10)
『ゲゲゲの女房』第1週・第1話から第6話

NHK朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』(

★★★

NHK連続テレビ小説『ウェルかめ』(2009.9〜2010.3)
NHK連続テレビ小説『つばさ』(2009.4〜2009.9)
NHK連続テレビ小説「だんだん」(2008.10〜2009.3)
NHK連続テレビ小説「瞳」(2008年4月〜9月)
NHK連続テレビ小説「ちりとてちん」(2007年10月〜2008年3月)

★★★

. 連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」

ゲゲゲの女房 - Wikipedia

松下奈緒 NHK朝ドラ主演- 2010.03.28 10:00

. ゲゲゲの女房 - Wikipedia
. ドラマトピックスブログ:NHKブログ | 連続テレビ小説 | 連続テレビ ...

. 松下奈緒 OFFICIAL Diary
向井理オフィシャルブログ「The Laboratory」 powered by Ameba

★★★

茂(向井理)の母・絹代(竹下景子)

貧乏でもほがらかに生きる夫婦の愛と成長の物語・・

2010年3月29日・朝8時〜NHK朝の連続テレビ小説ゲゲゲの女房

水木しげるの妻・武良布枝が夫婦の半生を綴った著作が原案

二人を取り巻く人々を涙あり笑いありで描く

NHK朝の連続テレビ小説ゲゲゲの女房

絹代竹下景子):
茂(向井理)の母・名字帯刀を許された旧家の生まれ(すでに没落)。気丈でパワフルで積極的な女性。あだ名はイカル(よく怒る

竹下景子(たけした けいこ、1953年9月15日 - )は、日本の女優・タレント。本名、関口 景子(せきぐち けいこ)。

愛知県名古屋市東区で生れ、南山中学校・高等学校女子部を経て、東京女子大学文理学部社会学科を卒業。中学校、高校で演劇部に所属。

高校1年生の時にラジオの深夜番組『ミッドナイト東海』のイベントに一般リスナーとして参加した際、パーソナリティを務めていた俳優の天野鎮雄にNHKの『中学生群像』(『中学生日記』の前身)を紹介され、ドラマデビューを果たす。その後、高校在学中にドラマロケで名古屋を訪れていた夏木陽介にスカウトされ、大学進学で上京すると、当時夏木が在籍していた三船プロに所属して本格的に女優として活動を始める。大学卒業後の全盛期には、当時アイドル全盛期であり尚且つ20代中盤という、当時の若手女性タレントにしてはやや高齢な年齢ながらも、並居るアイドル歌手を抑えブロマイド売上で一位になるなど爆発的な人気を得ていた。

ただ、この年齢的な中途半端さがアイドルから本格派女優への脱皮においてもネックとなる。名乗りをあげたのは三船プロの親筋にあたる東宝。用意されたのは、アイドル用のプログラムピクチャーではなく、監督岡本喜八と脚本倉本聡の両鬼才初顔合わせに仲代達矢以下のオールスターを並べたSF大作『ブルークリスマス』の主演だった。同時に同じ勝野洋とのコンビで日本テレビから『姿三四郎』も放映され、山口百恵、三浦友和に続くドル箱コンビに育てたかったようだが、映画の方は世界同時大虐殺で終わるショッキングな政治SFであり、まったくの不入りに終わった。作品評価も当時は芳しくなかったことから映画女優・竹下景子の歩みは頓挫する。また、『ブルークリスマス』や三船プロ映画『犬笛』でショッキングな殺害シーンを演じたことにより、78年のスクリーンでは非日常性の権化のようなポジションとなってしまった。

その後は岡本監督『英霊たちの応援歌』への連続出演などを経て、松竹の山田洋次監督のもとで、ようやく身近な世界で優しく可憐な持ち味を発揮。『男はつらいよ』シリーズに唯一人、別々の役で三度マドンナ起用される。これはインテリ女性好みだった渥美清に気に入られたためとも言われるが、シリーズ後期で随一の傑作『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』をはじめ三本とも水準が高く、彼女の芸歴を代表する成果として残っている。また『ブルークリスマス』の脚本を書いた倉本聡の『北の国から』へも起用された。

出世作である『祭りの準備』でヌードになっているにも拘らず清純派と称され「お嫁さんにしたい女性No.1」とも言われた。これは、TV番組で同席した政治家荒船清十郎の言葉(つまり、本来は息子や孫の嫁というニュアンス)が広まったものとされる。この呼称はその後何人もの女優に冠せられたが、元祖である竹下ほど人口に膾炙した例はいない。この他にもドラマや雑誌グラビアでヌードを披露するも、その後も清純なイメージを失わなかった。

1984年には、赤坂プリンスホテルにて、竹下より15歳年上だった写真家の関口照生と挙式し、その後2男をもうけた。

熱烈な中日ドラゴンズファンとしても知られ、2005年のナゴヤドームでの横浜ベイスターズとの開幕戦では始球式を務めた。竹下が中日ファンなのは名古屋市出身だからというのもあるが、実父・竹下重人(名古屋弁護士会副会長経験者)の影響が大きい。

2009年1月17日、神戸市で行われた、阪神大震災の追悼イベントに来賓として招かれて出席し、詩を朗読するなどしていたが、その最中に、開催場所の『神戸情報文化ビル』で、不審火と見られる火災が発生し、来場者と共にビル外へ避難する騒動に巻き込まれた

竹下景子 - Wikipedia
NHK朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』第4週「さよなら故郷」
NHK朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』第4週「さよなら故郷」

ゲゲゲの女房・話題
ゲゲゲの女房・キャスト登場人物

NHK朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』第3週「たった五日で花嫁に
NHK朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』第2週「ご縁の糸」(4/5〜4/10)
『ゲゲゲの女房』第1週・第1話から第6話

NHK朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』(

★★★

NHK連続テレビ小説『ウェルかめ』(2009.9〜2010.3)
NHK連続テレビ小説『つばさ』(2009.4〜2009.9)
NHK連続テレビ小説「だんだん」(2008.10〜2009.3)
NHK連続テレビ小説「瞳」(2008年4月〜9月)
NHK連続テレビ小説「ちりとてちん」(2007年10月〜2008年3月)

★★★

. 連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」

ゲゲゲの女房 - Wikipedia

松下奈緒 NHK朝ドラ主演- 2010.03.28 10:00

. ゲゲゲの女房 - Wikipedia
. ドラマトピックスブログ:NHKブログ | 連続テレビ小説 | 連続テレビ ...

. 松下奈緒 OFFICIAL Diary
向井理オフィシャルブログ「The Laboratory」 powered by Ameba

★★★

2010年04月16日

飯田絹代(古手川祐子)

「ゲゲゲの女房」ヒロイン・松下奈緒が奏でる家族愛…インタビュー

貧乏でもほがらかに生きる夫婦の愛と成長の物語・・

2010年3月29日・朝8時〜NHK朝の連続テレビ小説ゲゲゲの女房

水木しげるの妻・武良布枝が夫婦の半生を綴った著作が原案

二人を取り巻く人々を涙あり笑いありで描く

NHK朝の連続テレビ小説ゲゲゲの女房

◆母・絹代古手川祐子):おとなしくておだやかな性格。我慢強く不平を言わない。。温かく家族を見守っている

古手川祐子(こてがわ ゆうこ、1959年7月16日 - )は日本の女優。大分県大分市出身。身長158cm、B型

大分県立鶴崎工業高等学校卒。

1976年ミス・サラダガール・コンテストに1位入選(準優勝は名取裕子)、カネボウCMに出演する。同年東宝芸能へ入社。

1977年にNHK総合テレビジョンの“少年ドラマシリーズ”『幕末未来人』で人気を博し、清純派美人女優として知られた。

1985年に主演した映画『春の鐘』にてヌードを披露、翌1986年に俳優の田中健と結婚し、一女を儲けたが1999年に離婚した。

現在はA-team(エーチーム)に所属している。

尚、実妹はやはり女優で『新・アフタヌーンショー』(1987年・テレビ朝日)司会を担当した古手川伸子。

2007年頃にテレビゲームのおもしろさに気づき始め、ファイナルファンタジーXIIを300時間もやり込んでクリアした。本人によると2008年10月現在、「ファイナルファンタジーXを朝からじっくりプレイしている」そうである。(テレビ番組「マツケン・今ちゃん・オセロのGO!GO!サタ」2008年10月25日放送分にて)

古手川祐子 - Wikipedia
タグ:古手川祐子

2010年04月06日

ゲゲゲの女房★飯田源兵衛(大杉蓮)

貧乏でもほがらかに生きる夫婦の愛と成長の物語・・

2010年3月29日・朝8時〜NHK朝の連続テレビ小説ゲゲゲの女房

飯田源兵衛大杉漣):布美枝松下奈緒)の父。豪放磊落、ワンマンタイプ。裏表がなく周囲からの信頼は厚い。様々な事業に手をだしては家族を振り回す。現在は酒屋を営業中

大杉漣おおすぎれん、1951年9月27日 - )は、日本の俳優。本名は大杉 孝。徳島県小松島市出身。小松島市立千代小学校、小松島市立小松島中学校、徳島県立城北高等学校卒業。明治大学中退。身長178cm、体重72kg、血液型はB型。所属事務所は、ZACCO。趣味は、散策、サッカー、音楽(特にフォーク)鑑賞、器楽(ギターおよびブルースハープ)、テニス、サーフィン。好きな色は黒。座右の銘は「あるがままに」

1970年代に人気を呼んでいた、蜷川幸雄・寺山修司・唐十郎らの演劇に通い、1973年、雑誌『新劇』に掲載されていた太田省吾の記事に感銘を受け、太田の劇団員募集広告に応募し研修生として採用される。22歳で、別役実作品『門』の「娼婦を買いに来る客A」役で舞台デビューを果たした。1974年、太田省吾が転形劇場を創設するにあたって初期メンバーとして参加。台詞なしに静かに舞台を歩んで演じる「沈黙劇」を原点として、舞台俳優としての本格的な活動を始め、転形劇場での活動に打ち込み全公演に出演した。同劇場の演目『小町風伝』は岸田戯曲賞を受賞している。

呑み仲間を通じて知己となった高橋伴明に誘われ、1980年に新東宝のピンク映画『緊縛いけにえ』で映画俳優としてデビューした。舞台経験を通じて培った表現力と本人の映画俳優への興味から好演し、映画製作関係者への人脈拡大に伴って日活ロマンポルノや新東宝などのピンク映画に積極的に出演するようになった。

1983年、滝田洋二郎監督の『連続暴姦』では演技力が評価され、同年の「ZOOM-UP映画祭」・ピンクリボン賞主演男優賞を受賞した。また、翌1984年、周防正行監督の小津映画リスペクト作品『変態家族 兄貴の嫁さん』では、静けさの中にも狂気をたたえた演技や風かおるとの独特の掛合いなどが評価された。その後も多数のピンク映画に出演したが、1985年6月以降は「にっかつ電車シリーズ」と呼ばれるもの以外の映画への出演を控え、転形劇場における活動に専念した。

しかし、転形劇場の運営は太田省吾一人の才能に頼りがちで興行的にも悪化し、1988年には解散した。大杉は37歳で活動基盤を失ったが、宮沢章夫作品や太田省吾作品への出演、岩松了作品における竹中直人とのコラボレーションなど、演劇界で活動を続けた。

1989年以降、再び映画界への進出を望んだが、主要な配役を得ることができず、Vシネマなどに多数出演して収入を確保する生活が続いた。

40歳代に入ると自身の俳優としての将来性について深く考えるようになり、種々のステップアップを画策する一環として北野武監督による『ソナチネ』(1993年)のオーディションを受け、合格した。この作品への出演が転機となり、映画における重要なキャストを得るようになった。1997年には、SABU監督の『ポストマン・ブルース』でおおさか映画祭・報知映画賞を受賞。1998年-1999年にかけては、北野武監督の『HANA-BI』や、大谷健太郎監督の『アベックモンマリ』、崔洋一監督の『犬、走る DOG RACE』などにおいて実力を発揮し、1999年度の国内各映画賞の助演男優賞を多数受賞して、映画以外にもテレビドラマへの主役・主要キャストとしての出演が増加すると、その名は広く一般に周知されるようになった

その後は、偉人群像から社会の底辺に生きる人物、公安刑事から体制破壊主義者、堅実なサラリーマンからホームレス、学校長からヤクザ、好人物から偏狭な人物、誠実な父親・夫から退廃的な不良中年、精神異常・人格障害などを思わせるサイコ色の強い異常人格から変態・エロ系の人物まで、様々な役柄を演じ、『300の顔を持つ男』『カメレオン』などの異名を得て、その評判を確固たるものとした。以後は、高橋伴明、中村幻児、周防正行、滝田洋二郎、黒沢清、井筒和幸等のピンク映画系出身の諸監督から、北野武、SABU、廣木隆一、鈴木俊之、磯村一路、小松隆志、三池崇史など、日本映画界の多くの監督作品に登場している。

若い映画製作者への協力もしており、当時は新潟の一高校生にすぎなかった田卷源太監督による企画提案を受け、アマチュア自主製作短編映画『黒いカナリア』の主役として少ない報酬で出演したり、早稲田大学と慶應義塾大学の学生が中心となった自主制作映画『Mogera Wogura』へも出演している。

映画から大河ドラマ、2時間ドラマ、Vシネマ、インディーズ、ドキュメンタリーのナレーション、バラエティー番組をはじめ、アジア圏の外国映画や内外合作映画にまで、各ジャンルに出演する活動範囲の広さと多趣味な素顔から、ファン層は幅広い。出演本数も多く、極めて精力的な活動を行っている。

1951年9月27日、徳島県小松島市で誕生する。

「大人の男」のイメージを持つが、座右の銘「あるがままに」に象徴されるように、自然体で飾らない性格であるほか、非常に多趣味である。また演技以外では強い京阪式アクセントで話す。

ユーモアもあり、芸名「漣」の由来について、吉祥寺フォークの重鎮高田渡の長男でスティールギター奏者である高田漣の名から取ったものであるが、かつて「漣(さざなみ)」という商品名(ジェクス)のコンドームを自身が使用していたことも由来のひとつであるなどと付け加えることも忘れない。

散策を好み、ロードバイクで一人下北沢や新宿・渋谷へ気ままに出かけるほか、上京後に最初になじんだ街であるという吉祥寺にはたびたび訪れるという。音楽とスポーツが主な趣味で、音楽ではフォーク、スポーツではサッカーに造詣が深い。

エレファントカシマシのファンとして知られ、音楽鑑賞に留まらず、40歳代には田口トモロヲに誘われて器楽の練習を始め、自ら組んだ「大杉漣バンド」や田口トモロヲとのユニット「Har'G KAITELS(ハージー・カイテルズ)」(「恥をかいている者たち」の意)においてギターやブルースハープを手にとり70年代のフォークソングを演奏したり、KAZ BANDと共演している。

高校時代にサッカー部に在籍し、自称「釜本・杉山黄金コンビの時代の第一次サッカーブームの申し子」であり、「本当は今でも夢はプロのサッカー選手」とまで言及する。柳沢敦の大ファンで、国内リーグから海外リーグにまで精通している。自己の出身地徳島県をフランチャイズとするJリーグ・徳島ヴォルティスの熱狂的なファンで、チームがプロ組織化する前身の大塚FCであった頃から熱心に応援している。また、プロデューサーや映画監督・大物俳優等100名を越えるメンバーを擁するプライベートサッカーチーム「鰯クラブ」に発起人として参加し、キャプテンナンバー「10」の背番号を付けて月1-2回は必ず試合に出場するなど、注力している。近年では、サッカーへの知識の深さが周知され、サッカー関連のテレビ番組等に招かれることも多い。2001年に行われたサッカーFIFAコンフェデレーションズカップ日韓大会では、日本戦全6試合の特別ゲストに招かれた。2010年には、FC東京監督城福浩(大杉と同じく徳島県出身で城北高等学校OB)との対談記事が「FC東京ファンブック2010」の巻頭を飾った。

また、50歳代に映画『Life on the Longboard』で「定年退職後サーフィンを始めた男」を演ずることになり、役作りとして種子島でサーフィンの猛特訓を行った経験から、サーフィンも趣味のひとつとなった。

井筒和幸監督の『ガキ帝国』(1981年)では、低予算の為に資材が乏しく、自身の出番には僅か4分間分のフィルムしか残っていなかったが、1発勝負でアドリブ入りの演技を成功させ、関係者全員の爆笑を誘った。
周防正行監督の、ピンク映画であるにも関らず小津作品へのオマージュとなっているデビュー作『変態家族・兄貴の嫁さん(お嫁さん日和)』(1984年)では、当時32歳の大杉が60歳超の老人役を好演した。
竹中直人監督の『無能の人』(1991年)で、古本屋の主人役を演じた際、あえて何も演技しない役柄を演じることの難しさを悟った。
崔洋一監督の『犬、走る DOG RACE』(1998年)では、歌舞伎町ロケでアメフト選手に本気でタックルされた上、吹き替え無しで本物の産業廃棄液に頭から浸けられた。
『ソナチネ』(1993年)出演者のオーディションにやむを得ぬ理由で遅刻して参加した際、同作監督でオーディションを統括していた北野武に一瞥されただけだったため、自分は完全に不合格だと思っていたのが結果は合格となり、大変驚いたという。
『ソナチネ』は、東京編・沖縄編の二本立ての構成になっており、当初大杉の役「片桐」は東京編のみで演じる設定であったが、北野武監督は大杉の演技を気に入り、東京編の撮影終了日に「片桐、沖縄に行く事になるんだよなぁ」と呟き、急遽シナリオが変更されて「片桐」は全編に出演する事となった。
『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』では、石橋蓮司と共演。共に大ショッカーの大幹部役を演じることになった。「ふたりとも小劇場出身だから」という事と「れん」という呼び名が入る事が理由で意気投合し、撮影も快調に進んだようである

FIFAコンフェデレーションズカップ2001にて、フジテレビで特別ゲストとして試合中継に出演した際、同じくゲストとして同席したアーセン・ベンゲル(アーセナル監督)から、「大杉さん、あなたが出演した映画『HANA-BI』をロンドンのムービーシアターで鑑賞させて戴きましたよ」と言われ、大変感激した。後に其の事を自らのサッカーコラムで書いていた。
『ネコナデ』(劇場版)の撮影で出会ったスコティッシュフォールドの“トラ”に魅せられ、そのまま自宅で飼うことになった。公式ブログも“トラ”とチワワの“風”(ふう)のことが中心となっている。なお、『ネコナデ』に登場した“トラ”はオスとメスの兄妹2匹で、大杉家にはメスの方が引き取られた(オスの方も、別の家に引き取られて幸せに暮らしているという)。
サッカーJリーグ2部の徳島ヴォルティスと、アジアリーグアイスホッケー日光アイスバックスのファンで、会場での目撃談も多

大杉漣 - Wikipedia

北野武監督がズバリ語る、嫌いな俳優&好きな俳優

「ゲゲゲの女房」ヒロイン・松下奈緒が奏でる家族愛…インタビュー

ゲゲゲの女房・話題

<ゲゲゲの女房>第1回視聴率は14.8% NHK朝ドラ、ワースト1位に
NHK朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』第2週「ご縁の糸」
『ゲゲゲの女房』第1週・第1話から第6話
NHK朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』第1週「ふるさとは安来(やすぎ)(3/29〜4/3)

★★★

ディスカバリー」が軌道に、打ち上げ成功
山崎さんのシャトル打ち上げへ=日本人最後の飛行−宇宙基地に物資補給

★★★

坂本冬美、「また君に恋してる」70万DLに感謝
東方神起、活動休止…解散騒動から8か月 契約問題で亀裂修復不可能
キムタクin上海…「月の恋人―」クランクイン

★★★

最もハッピーなニュース 第6回『HAPPY NEWS 2009』大賞決定

★★★

2010年03月28日

NHK朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』登場人物

「ゲゲゲの女房」撮影スタートで多忙の向井理、「自分に料理を作ってあげたい」

貧乏でもほがらかに生きる夫婦の愛と成長の物語・・

2010年3月29日・朝8時〜NHK朝の連続テレビ小説ゲゲゲの女房

水木しげるの妻・武良布枝が夫婦の半生を綴った著作が原案

二人を取り巻く人々を涙あり笑いありで描く

◆飯田家の三女・飯田布美枝松下奈緒):おおらかでおっとりした正確だが、開き直ると覚悟が決まる。背が高すぎることがコンプレックス。歌と踊りが大好き・・

◆貸本漫画家・村井茂(向井理):紙芝居屋、貸本漫画家を経て漫画家として大成。硬派でマイペース

◆布美枝の祖母・飯田登志(野際陽子):夫を亡くしたあと商家の仕事を学んだ努力の人。ナレーションも務める

◆茂(向井理)の母・村井絹代(竹下景子):名字帯刀を許された旧家の生まれ。気丈でパワフルで積極的な女性

◆貸本家の店主・田中美智子(松坂慶子):田園調布の貸し本屋「こみち書房」の店主。貧しい布美枝(松下奈緒)と茂(向井理)の味方


★★★

鬼太郎キャラ勢ぞろい、「妖怪焼き」発売 ・今、東京都調布市がゲゲゲで熱い!!・JR境線「ねずみ男列車」、性格に合わせ黄金色に

★★★

NHK朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』(2010.3.29〜)

NHK“朝の顔” 倉科カナから松下奈緒にバトンタッチ

<松下奈緒>8時放送は「切りがいい」 向井理とそろって誕生会 朝ドラ「ゲゲゲの女房」会見
NHK朝ドラ、従来より15分繰り上げ
松下奈緒、向井理が初デート
NHK来春朝ドラ『ゲゲゲの女房』新キャストに南明奈ら 杉浦太陽が“ねずみ男”に!
松下奈緒 ねずみ男と“夫”の故郷でヒット祈願
NHK来春朝ドラ『ゲゲゲの女房』水木しげる役に向井理 好きなキャラは「猫娘」
NHK来春朝ドラ『ゲゲゲの女房』のヒロインに松下奈緒 好きな妖怪は「一反もめん」
NHK朝ドラ、来春は『ゲゲゲの女房』に決定 水木しげる夫人の自伝をドラマ化

NHK今秋朝ドラ『てっぱん』ヒロインに18歳の女優・瀧本美織
NHK朝ドラ 今秋からはお好み焼き屋が舞台の『てっぱん』に決定 舞台は大阪・広島・尾道

★★★

NHK連続テレビ小説『ウェルかめ』(2009.9〜2010.3)
NHK連続テレビ小説『つばさ』(2009.4〜2009.9)
NHK連続テレビ小説「だんだん」(2008.10〜2009.3)
NHK連続テレビ小説「瞳」(2008年4月〜9月)
NHK連続テレビ小説「ちりとてちん」(2007年10月〜2008年3月)

★★★

ゲゲゲの女房 - Wikipedia

★★★

“リアル鬼太郎” 大人に人気
緒形拳がぬらりひょん…映画「ゲゲゲの鬼太郎」

鬼太郎 東京・調布駅前の石こう像、盗まれる 
ゲゲゲの鬼太郎、「東京タワー」超え350館上映…GW興収バトル
石井一、妖怪役で銀幕声優デビュー

お台場フジテレビでゲゲゲの鬼太郎に会ってきました^^

★★★

真央、世界フィギュア制す!男女アベックVの快挙達成

堀北恋愛も「頑張っていこう」…映画「誰かが私にキスをした」
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。